Dolce e amaro

アクセスカウンタ

zoom RSS アルファスパイダーをユーザー車検する

<<   作成日時 : 2008/07/28 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週、恒例のユーザー車検をやってきた。
オートバイのユーザー車検から始めて、もう20年が過ぎたことになる。GPZ750R、FZR750、TRX850、GSF1200とオートバイは4台。LANCIA THEMA、CITROEN Chanson、ALFA164、AUDI A4、そしてALFA Spiderとクルマは5台。これだけ経験してくると、段々ずぼらになってきたような気もするが、車齢10年超は初めてなので、今回は下回りを重点的に事前点検してみた。Spiderはスポーツマフラーに換えているが、以前排気漏れで引っかかったことがある。ちゃんと下に潜って、接合部に手をかざしてチェックしたから、今回は大丈夫のはず。

7/23、相変わらずの真夏日。不合格に備えて、予約はいつも1ラウンド。連休明けは込むので、1日間を開けてみたが、いつもより受検者は少ないようでラッキー。写真ではさわやかな晴れ、のように見えるが無茶暑い。印紙を買って書類を書いて、検査ラインに並ぶ。業者ばかりでオートバイのお兄さんだけユーザー受検者のようだった。
いつもヘッドライトで落ちるが、今回も検査機に祈るもあえなく×。しかも左右両方だから泣けてくる・・・。ラインを抜けて得意技のライト壁当てで調整するも、2回目もNG。あまりの暑さでリトライする気も失せて、隣接するテスター屋で調整してもらうことにした。手慣れた操作、ほんの5分くらいの作業で3千円なり。いい商売だよな。

画像


これが検査票。今年から検査料が国と検査法人へ分割納入することとなった。いままで1500円だったが、1800円に値上げ。まあ300円くらいは気にしないけれど、印紙印刷費がもったいなくないのか?今回かかった費用は、自賠責保険料22,400+従量税37,800+検査料1,800+OCR用紙30+テスター代3,000、しめて65030。ディーラに出せば24ヶ月点検代としてうん万円が加算されるから、たぶん10万円以上かかるはず。
ユーザー車検は安いが、クルマの構造を理解していることが前提と強く思う。検査受付時に、「24ヶ月定期点検整備記録簿」を記入して提出するが、このすべての項目の意味を説明できない人はやるべきではない。私は整備士の免許はないので、あくまでアマチュアの域だけれど、エンジン内部や足回りなどの重整備以外はメンテできるレベルの工具は揃えている。メンテする場合も、標準装備のマニュアルでは不足なので、サービスマニュアルとパーツリストは極力入手する。最近は輸入車もCD-ROMで安価に入手できるから、とても便利になった。唯一のネックは、普通のサラリーマンは有休取らないとできないこと。まあ1ヶ月の猶予があるから、調整はできるけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルファスパイダーをユーザー車検する Dolce e amaro/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる